FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットが健全になって欲しいと思う方はリンクをお願い致します。 【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告

クリエイターの権利は守られるべき!

また来ました著作権法違反逮捕者。


事件・事故:ファイル交換ソフト「シェア」でのアニメ公開容疑で追送検 /京都
 府警ハイテク犯罪対策室などは2日、川崎市中原区小杉町1、会社員、牧和弘(34)▽東京都日野市大坂上4、同、伊野波盛良(41)▽東広島市西条西本町、大学生、大友貴裕(21)の3被告=いずれも著作権法違反罪で起訴=を同法違反(公衆送信権侵害)容疑で追送検した。今年3~5月、テレビ放映された人気アニメをファイル交換ソフト「Share(シェア)」を使ってインターネット上に流し、制作会社などの著作権を侵害した疑い。

毎日新聞 2008年6月3日 地方版




著作権法違反:「シェア」に動画、3容疑者を起訴--地検 /京都
 ファイル交換ソフト「Share(シェア)」で人気アニメ動画を公開したとして、京都地検は30日、川崎市中原区小杉町1、会社員、牧和弘(34)ら3容疑者を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の罪で起訴した。

 起訴されたのは他に東京都日野市大坂上4、会社員、伊野波盛良(41)と東広島市西条西本町、大学生、大友貴裕(21)の2容疑者。

 起訴状によると、牧被告らはそれぞれ4月1~13日、テレビで放映された「機動戦士ガンダム00」などをインターネット上に流し、著作権を侵害した。3人は無関係で、いずれも容疑を認めているという。【田辺佑介】



川崎の34歳、東京の41歳、広島の21歳。
世代を超えて犯罪が行われているといった感じですね。
今回の件はもちろん評価したいですが、まだまだまだまだまだまだ逮捕者は少ない方と私はとります。

特に日本としては2ちゃんねるを押さえるべきだと思います。
ほぼ9割あそこで不正ファイルが流出しているようなもんです。
不正アップロードが無批判に評価される聖域があそこなんです。
(何故なら無秩序を守るのが彼らの仕事だからです。逆に言うとそこを潰せば2ちゃんも終わりです。)

海外(特に中国人)で不正にアップロードされている日本のファイルも、
Winny、Shareで不正に流通されているものが流れているに過ぎません。
そのWinny、Shareでのやりとりを支援しているのが2ちゃんねるなのです。
根本を叩くべきなんです、警察には期待してますよ!




匿名性の陰に隠れて、犯罪を起こすパターンが増えていますが、この著作権法違反は人の心や命に直接関わっていないので、より罪悪感なしに行ってしまう傾向があるようです。

ですが、この犯罪者達は確実に殺しているのです、クリエイターを

P2P、あるいはアップローダーで著作権保護されている作品を流出させることは、確実にクリエイターにダメージを与えます。
「無料だからたくさんの人に知ってもらえる利点がある」と反論する人達の中にクリエイターがほとんどいないのは何故でしょう?
むしろネット自由派の人達だけが盛んに言ってるようにしか聞こえないのは何故でしょうか?

こういう発言がダメなの理由は簡単。
作品を無料で公開する権利もクリエイター側にあるべきだからです。

著作権法違反者達が犯罪的なのは、作品を作って商売をするという権利・環境自体を壊しているからです。

何故、作品を作って商売をできる権利を奪うのでしょうか?(そんなにクリエイターがお嫌いですか?何故に?)本当に2000年代はクリエイターに不遇の時代としかいいようがないです。

もちろん作品は作り出す、公開する環境だけとれば良くなってる面もあります。しかし、それ以上に問題になのはパソコンとネットができる環境さえあれば誰でも不正にコピー、公開ができるようになってしまったことです。

もちろん、クリエイターの事も考慮して不正にアップロードしない人達の方が多いですよ?

でも、デジタルコピーやネットが恐ろしいのは、たった一人のアホによって
何十万ものコピーが不正に流通してしまうこと
です。

断言してもいいですが、この不遇の状態が続けば、音楽、ゲーム・漫画・アニメ、映画などあなたたちが楽しんで共有している作品を作り出した企業やクリエイターがあっという間に潰れていくでしょう。

そしてあなたたちが求めるようなクリエイターは作品を作り出せなくなる、つくる環境がなくなるからです

日本が何故、優秀な漫画やアニメを作り出してこれたかと言えば・・・
それを求める環境がありしかも、その権利が守られていたからです。
求める環境があっても権利が守られてなければ運営が困難となり、良質な作品達は産まれてこなくなるでしょう。

それにクリエイター達は今の現状では思った以上に金にならないし、名声も得られないからです。優秀なクリエイター達は他の仕事につくでしょう。そっちのほうが金も名声も得られるからです。

良い物を作っても大して売れないし、ネットで不正に共有されるし、アマゾンやDMMには変なこと書いてあるし、2ちゃんねるでは誹謗中傷が行われる、こんなのが今の状況なのです。
金と名声という夢が集中しているというところがポップカルチャーのいいところだと私は思います。

それがないなら他に行くだけの話です。
これは必然です。
最悪の状況は防がなければなりません。

ネットが完全に普及した今、旧来の法整備ではネットの犯罪に対して
もはや正常に機能しているとは言い難いのです。
音楽で例えるなら・・・
パンクは動脈硬化を起こしていたロックシーンを破壊し、再構築した。
しかしネットによる不正ファイル共有、ここに再構築はなく更なる動脈硬化があるだけだ。
これは新しい文化なんてものではなく、単なる破壊です。


ネットが健全になって欲しいと思う方はリンクをお願い致します。 【 2008/06/07 12:57 】

著作権

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。