FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットが健全になって欲しいと思う方はリンクをお願い致します。 【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告

自殺サイト嘱託殺人デスパ

「人の生死、金もうけの手段に」自殺サイト嘱託殺人に懲役9年判決
自殺サイトを舞台にした嘱託殺人事件で、川崎市の派遣社員、西沢さやかさん=当時(21)=を殺害したなどとして、嘱託殺人などの罪に問われた住所不定の斉藤一成被告(34)の判決公判が28日、横浜地裁であった。大島隆明裁判長は「金銭欲から21歳の女性の将来を奪った犯行の結果は重い」などとして懲役9年、罰金100万円、追徴金約80万円(求刑懲役13年、罰金100万円、追徴金約80万円)を言い渡した。


ネットを通じて自殺を手伝って金を稼ぐというアホに判決が下りました。被害者の方が派遣社員ってのがまた気になりますね。21歳・・・若いですね。

判決理由で大島裁判長は「20万円という報酬欲しさから簡単に依頼を請け負った」と指摘。また睡眠導入剤のインターネット販売に手を染めていたことについて、「人の生死を金もうけの手段とした、非人道的で悪質な犯行」などと断じた。


たった20万円で・・・???よくやりますねぇ。睡眠導入剤の販売・・・物は怪しいものらしいです。

判決などによると、斉藤被告は自殺サイトで知り合った西沢さんに20万円で殺害を依頼され、昨年4月12日午前0時半ごろ、同市高津区の西沢さん方で睡眠導入剤を飲ませた上、頭にポリ袋をかぶせ枕をのせるなどして窒息死させた。
斉藤被告は借金返済のため自ら自殺サイトを開設。サイトを通じ、埼玉県や静岡県などの十数人に睡眠導入剤を販売するなどしていた。


ああ、借金返済のためなんですね、そりゃ必死ですよね。

自殺サイト「デスパ」事件 被告、嘱託殺人認める
これまでの調べでは、斉藤被告は借金返済のために自殺サイトを開設。「デスパ」という名前で自殺志願者を募る書き込みを繰り返した。昨年7月以降、睡眠導入剤などを埼玉、静岡、京都、兵庫の各府県などの十数人に計約80万円で販売し、千葉県の1人が購入後に死亡したことが分かっている。


自殺志願者を集めて販売ねぇ、塵も積もれば山となるといった感じでしょうか。しかしこれはひどいですね、借金返済のために自殺志願者から金を巻き上げるなんてね。ちなみに調べてみると自殺サイトではなく、闇サイトですね。

↓デスパの書き込みと言われている
デスパの書き込みと言われている


「予算20万円なら…」ためらう被害者追い詰める斉藤被告 自殺サイト「デスパ」
ついに西沢さんが睡眠導入剤を栄養ドリンクに混ぜた「死ねる薬」を飲み昏睡(こんすい)状態に陥ると、斉藤被告が「ポリ袋はどうする」と促し、西沢さんはポリ袋を頭にかけた。たばこを吸いながら息を引き取るのを待っていた斉藤被告は「自殺願望をかなえてやろう」とポリ袋の口を締め直した。西沢さんの死後、ミニコンポなどを持ち帰った斉藤被告。その後も自殺サイトを通じた「殺して」という依頼に「35万円で」などと返信し、次の犯行の機会をうかがった。


まるでドラマのような話ですね。ミニコンポを持ち帰る?盗品だったら鬼畜ですね。

「自殺サイト」開設の男、嘱託殺人容疑で逮捕 神奈川
調べでは、斉藤容疑者は4月12日深夜、西澤さんの部屋で睡眠導入剤を20~30錠飲ませ、その後、西澤さんの顔にポリ袋をかぶせて殺した疑い。


量がすごいですよねやっぱり。錠剤は多いとすり潰して一気に飲むらしいですね。

自殺サイト 報酬受け取り殺害は異例
ネットの有害情報を収集している「インターネット・ホットラインセンター」のシニアアナリスト、宮崎豊久氏は「自分を殺すように依頼して金を渡し、実際に殺人に至ったケースは聞いたことがない」と話す。「自殺願望者が金を出して自殺をする時代に、ネットがしてしまった」(警視庁幹部)との指摘もある。


殺人を頼んだその対象は、依頼人その人だった・・・そういう風にみると自殺っていうのは「自分殺しという殺人」だっていうことを再確認させられます。

[自殺をビジネスにすることもできるネット]

まぁ自殺者を騙して商売をするとしましょう。普通に考えたら自殺志願者を集めることがまず困難ですよね。町で呼びかけますか?怪しまれるし誰も来ないでしょう。広告でも貼りますか?どこの雑誌で?
ネットならそれを可能にしてくれます。何故なら全国に匿名でアクセスすることができるから。しかもカモ(自殺志願者)は世の中にいっぱいいるわけです。

自殺「対策」トップ秋田県 山梨ゼロ、大都市も低迷
年間の自殺者が9年連続で3万人を超える


自殺を考える人は精神状態が不安定ですから、ネット上で「楽に死ねるよ」と呼びかければお金が入ってくるというわけです。私も悪いことを考えないわけではないです。だからやろうと思えば私も簡単に闇サイトで収入を稼げるでしょう。

問題なのは、PCまたはモバイル、ネット環境さえあれば誰でも簡単に(それこそコンビニ感覚で)闇サイトで仕事ができて、しかも問題が起きてからも現状の法では解決できず、放置されてしまうということじゃないでしょうか。

例えるなら、街中で堂々とマスクを被りながら違法な商売を呼びかけていることを許可されているような状態。リアルの街中で「自殺手伝いますよ~」「人殺し手伝いますよ~」「共犯しませんか~」なんて言ってたらどう思います?こんな状況を見せられたら人間の精神は荒れる一方じゃないかと思います、「こんなのが放置されてんだもんな~もうなんでもありだな(笑)」こんな風に思っている人がほとんどでしょう。まぁこの例えは正確ではないですが、ひどさの質はこれに近いと言っていいんじゃないでしょうか。というかリアルにばっちり当てはめられるような光景が見あたらないですし。

[ネットの自由と匿名性は犯罪者に都合がいい]

ネットの自由と匿名性は犯罪者に都合がいいと思います。私が犯罪者ならネット自由派に回りますね。間違いなく、メリットばっかですから。顔も名前も晒さないで済むし、誰の許可なんかなしに闇サイトを利用できるし、顕在化しない限り責任も問われない。犯罪をしているという意識が希薄なまま実行できるので精神的なプレッシャーも楽。後は宣伝して、精神状態が不安定なのをゲットするだけ。架空名義の携帯電話や架空口座でももっていればなおよし(それもネットを通じて取引する)。闇サイトを運営してる側も日本で摘発化されても海外サーバーへ逃げれば治外法権だし。

国でもその動きの全てを監視できるのは現状のシステムではほぼ不可能なようです。

殺人、違法ドラッグ、銀行口座…闇サイトにおける取引の実態
闇サイトの多くは匿名どうしの取引のため、入手経路がばれることはほとんどない。さらに、詐欺師はセキュリティの甘い無線LANアクセスポイントや、会員登録の甘いネット喫茶などを利用して詐欺メールを送信するため、ネットへの接続を割り出すことも難しい。つまり、犯人を探し出すのは非常に困難なのである。


自殺サイト 報酬受け取り殺害は異例
自殺サイトは若者が利用する携帯電話用サイトを中心に、常時100以上は存在しているとされる。ただ、「できたと思ったらすぐに消える。ネット全体で、一体いくつあるか到底把握しきれない」(ネットセキュリティー関係者)とし、全体像の把握は困難だ。


犯罪者に特化したネットの自由なんてどうでもいいんで、とっとと取り締まってもらいたいもんです。

[不毛な考えをしてもしょうがない]

いくつかブログを見て回りましたが、本当に幇助したことを評価する人もいました。これは多くの自殺幇助が詐欺にしか過ぎないのに対し「何故本当に幇助したのか」ということから自殺者の気持ちをわかってくれたのは犯人だけだったのではないかといった論調です。

しかし私はそういう見方をしても社会的には意味がないし危険ではないかと思います。そういう見方は「世の中には不必要な人間がいて、自分のためにもその人のためにも排除してあげたほうがいい」という流れになるからです。そういう流れは「自殺まがいの殺人が横行する社会」を作りあげるだけではないでしょうか。

もし自殺が有益になる場合があるとしても、そんなものはノアの箱舟が定員オーバーになった時に自己犠牲の立場をとるとか、秘密を守るために自決するとか、相当なレベルの必然性が必要だと思います。少なくとも紛争も起きていない現代社会にの日本において、単なる生活者に自殺が必要な場面なんてほとんど存在しません。

だいたい、犯人にも自殺者の気持ちなんかわかるはずがないと思うのです。そんな簡単に気持ちがわかってたら志願者は自殺なんかしないんですよ。

[相手の気持ちなんかわかるはずない]

どういう意味?と思うでしょう。「気持ちがわからない」からこそ、手伝ったのだと思うし、「気持ちがわからない」からこそ、「自殺したい」と思うのです。

私は相手の気持ちなんか絶対にわからないと思ってます。あなたはあなたの愛している人の気持ちがわかるでしょうか?ええ?わかるって??いや、わかっているつもりになっているだけではないですか?少なくとも私にはわかりません。私は「二人の人間が完璧に合体し、一人の人間になる」とかヒーローもののアニメみたいなことにでもならない限り他者の気持ちなどわかるはずないと思うのです。

もちろん、「わからない」からどうでもいいというわけではなくて、「わからない」からこそ相手を知る最大限の努力をするべきだと思います。

自殺サイト嘱託殺人:人の死を金もうけに 被告に懲役9年--横浜地裁判決 /神奈川
また、西沢さんが向精神薬を調合した「死ねる薬」を渡された後、口にするのをちゅうちょしたことから、「(西沢さんが)落ち着きを取り戻し、人生をやり直す気持ちになる可能性は十分にあった」と判断。斉藤被告が自殺方法を積極的にアドバイスしたとして、「一時の落ち込んだ精神状態に乗じ、金銭欲から西沢さんの将来を奪った」と述べた。


もちろん自殺志願者が「死ねない、いつも躊躇してしまう」から犯罪者は実際に幇助したのです。でも自殺志願者は死にたいはずなのに何故「躊躇してしまう」のか?痛いから?苦しいから?

[本当に死にたい人なんて誰もいないと思う]

死にたいという人は「本当に死にたい」のでしょうか?これは誰にもわからないのではないでしょうか。本人でさえわからないと思います。何かに困っていてそれから逃れたい、助かりたいから「不可避的に死ぬ」のと「本当に死にたい」のではニュアンスが全く違います。「本当に死にたい」いう人間はいないような気がします、メリットがないので。

「消えたい」と思う人は多い感じがします。でもそれで死ぬというのも、「本当に死にたい」とはやはり違います。消えたくてしかたないから「不可避的に死にたい」になるだけです。でもその「消えたい」も他の願望や欠落の現れではないでしょうか。

「本当に死にたい」じゃないなら、困っている何かや欠落を改善させるほうがいいに決まってます。ほとんどの自殺幇助がアホなのは言うまでもなく、「本当に死にたい」と決めつけ、死ぬことのほうがメリットがあると前提的に決めつけていることにあるのです。それが社会的にいかに無責任な行為で退行的な行為か考えてみてください。重要なのは死んだらもう生き返れない・・・やり直しは効きません。

ありな自殺幇助があるとしたら、重い病気やケガで苦しくほぼ生きる見込みがないなんて場合ぐらいじゃないでしょうか、それでも判断は難しいですよね・・・。

関連リンク:闇サイト硫酸事件&女性襲撃
ネットが健全になって欲しいと思う方はリンクをお願い致します。 【 2008/03/13 22:24 】

闇サイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。