FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットが健全になって欲しいと思う方はリンクをお願い致します。 【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告

イラつくCM大賞2009

さあやってまいりました
肉球フォントが勝手に主宰する
イラつくCM大賞。

「まったくネット関係ねぇじゃねえか!」と
心配されるのではないかと思いますが。

まぁここは・・・「ネットの暗部」を考える場ですから
それを軸に展開していきたいと思いますので
・・・皆様ご安心を(笑)

それではランキング方式でご紹介させていただきます。
まずは番外から・・・



番外その壱

パチンコメーカーのCM


パチンコ総合
↑ここには出てないが、故人のタレントイメージ利用は大いに疑問ですね。

保守論壇では、小林よしのり氏がパチンコ擁護をしたことで
金儲けに走ったとか、なんかくだらない騒ぎがありましたが・・・

私の見解を申し上げておくと
ゴー宣をパチンコ商品化しても、
「批判する奴が純粋主義なんだ!」と言ってしまったほうが・・・
勝ち・・・としか言いようがないですね。

確かに、パチンコは国内的にも、国際的にもグレーゾーンの匂いがしますが
その行為だけを執拗に取り上げて、イメージと推測だけを根拠に
「おまえは保守じゃない!」といい切る
には無理があります(笑)

そりゃ「純粋主義」で片付けられますよ。
だってスターウォーズのような超大作まで・・・
パチンコになってるんですもんねぇ(笑)
おぼっちゃまくんのようなギャグ系はパチンコと相性もいい・・・と思います。

しかし、ゴー宣のパチンコ商品化案ですか?
私は別にいいと思いますが・・・

小林氏が主張するように
「パチンコによって保守思想が広まる、一般化する
とはちょっと・・・考えにくいですよね。

もともとのゴー宣の読者にパチンコユーザーが多く占めるとは
・・・あまり思えないし
じゃあゴー宣を知らないパチンコユーザーが
「ゴー宣パチンコ」でゴー宣を知って・・・知識の刷り込みが行われるか、
あるいは・・・それをきっかけに読み始めるか?

・・・というと、どうも難しい気がします。

そもそも前知識なしで「ゴー宣パチンコ」を楽しめるのだろうか?
クオリティにもよると言われればそれまでですが
パチンコ台も売れなきゃしょうがないし・・・
他にも肖像権、言論規制の問題もありますしね。

まぁそんなことわかっててハッタリかましてるのでしょうが。
それより本職の幼年、少年漫画とかアニメを作ったほうが効果ありそうな気がするんだけどなぁ。

*

それと、既存の有名作品をパチンコのイメージとして利用する手法ですか?
はっきり言っておくと、個人的には嫌いですね。
というか、つまらないですね。

それは私がパチンコをやらないから(笑)

という理由も大きいのですが、
「それに頼りすぎじゃないの?」という気がします。

オリジナルのパチンコ台を軸にしていかないと
「パチンコって実はたいしておもしろくないんだな」
と思われても仕方ないですよね。

だってゲームで較べたらほとんどのゲームが
原作漫画アニメ映画だったらおもろないでしょう?
まぁゲーム性乏しいからしょうがないのかなぁ・・・
騒音の中で握ってるだけってなぁ・・・何がおもろいのかなぁ・・・
とか言ったらパチンコユーザーから袋だたきにされそうだけど。

パチンコサイボーグ009

実際CMを見るとうんざりしますね。
ああ・・・これもパチンコになんのね・・・はぁ、という感じで。
だからCMなきゃ知らずに済むことを
強制的に知りたくもないのに知らされるんですね。

後、やはり思うのはファンタジー系の子供向けの作品ですか?
あれは辞めた方がいいのでは?
既にそのシリーズが終ってるのなら
ノスタルジーの大人向けっていうカテゴリーにも入りますけど

仮面ライダーとか未だに新作があるわけでしょう?
そういうのはなんか違うんちゃうかな?
やっぱり夢がないですよね・・・夢なんて言葉使うのもハズいけど。
それは、子供の聖域として残してあげないとさぁ(笑)

だって子供もCMで見るわけでしょう?パチンコのCMをさぁ。
もちろんそんな大人の事情は子供は知っているわけだけども
あえてしないことも「物語」なんじゃないの?
少なくとも商品化という意味ではキャラグッズも同じ行為だけど
キャラグッズは子供も楽しめますが・・・
さすがにパチンコを子供はやらないですからね

これは権利所有側も、パチンコメーカー側も考えなあかんと思いますよ。
この態度じゃ確かに、「おまえは拝金主義だ!」なんて言っても
「おまえがまさにそうじゃん!」と返されても確かに仕方がない。
まぁだからといって、それで「全て駄目だ」とも言えないですけどね。
またまたでもだからと言ってそれで「格好がつく」かといえば
たいしてつかない、どころか安っぽいセコイそんな感じがします。

それと素朴に思うのは
パチンコの新作のCM果たしてそんなにアピールするほど必要か?
とも思います。
新台出た、「じゃあ行こう」っていう人そんないない気がするんですが・・・。
基本やってること同じだし。
もちろんTV広告の敷居が下がったことも大きな原因なんでしょうが
しかしなぁ、もっとTVCMやりたい会社あるだろうにねぇ。
なにもパチンコ、しかもパチンコの台じゃなくても・・・ねぇ?



番外その弐

昔のアニメキャラクターを利用するCM

アニメキャラ総合
↑どれも「それその素材じゃなきゃいけないの?」とツッコミたくなる。

これも多いなぁ。
しかもその作品そのものを利用する形じゃなくて
パロディ利用ものが増えてきた。
日産ノートのハイジのCMに至ってはほぼ食われてる感じ。
なんかイラっとくるなぁ

いや、おもろかったら別にいいんですけど
マジでおもろないからね(笑)
なんか変な台詞を変な声と変な顔で言えば
おもしろいと思ってるんでしょうね

・・・といっても私はハイジをまともに見たことは一回もない(笑)
世代も違うし・・・

おそ松くんなんてのもあったなぁこれも車で日産か。
なんでよりによって車やねん・・・
特に関係がないやないか(笑)
せめて「おでん」のCMとかにしないと(笑)
もう使い方がおかしいんですよ。
ただ使えばいいと思ってる
アホなんですね。
せめて使うなら素材をいかさんとさ。
車なら車の漫画とか有名人とか使わないと
それこそなんでもありになってくるわな。

他にも、アトム、巨人の星、サザエさん、アタックNo.1、鉄人28号、ドラゴンボールなんてのも。
サザエさんの実写化に至っては
もう何がおもろいのかさっぱりわからない(笑)
何のCMかも覚えてないもの。
しかも全くキャラの性格を活かしてないし。

しかし最近そのサザエさんの実写化のTVドラマがあったそうで
こんなん誰が見んねん?と思ってたら

サザエさんドラマ
↑もっといいドラマいっぱいあるだろうに・・・よりによってこれですから・・・

視聴率20%越え?(笑)
うわ~もう寒いなぁ・・・
視聴率なんかもういいって
何の当てにもならないですって。

*

う~ん、これもパチンコと同じですね
既存の作品イメージに安易に頼りすぎ
頼らないでも、本来作り出せるはずなんですよ、
広告とか企業イメージなんかは。

もちろん漫画とかアニメ文化を
後の世代に伝えるという役割は少しはあるでしょうが
何も企業の広告じゃなくてもいいんじゃないの?

それこそ再放送してくれりゃいいじゃないですか。
え?ネットでやってるって?しかも合法的に無料で?
いや・・・私はネットで動画、しかも無料なんかで見る気はさらさらないので(笑)



5位・クリック音のあるCM全般


クリック音
↑これウザかった~検索ワードがまたキツイ・・・

去年もちらっと言いましたが、
「カチッ」っていうクリック音出すのは
もう~勘弁してください。
そんなことしようがしまいが、
興味のないところには足を運びませんから・・・

イラツクだけですので・・・
やられればやられるほど、見に行かない確率が増えます。
少なくとも私のような人間はそうです。
クリックだけじゃなくてカーソル誘導もいらないですよ~(笑)
キーワード表示はいいんですけど。

まぁこういう手法で釣られる人もいるんでしょうが
それだと程度の低い人たちを客にしている
「愚民主主義企業」と見なされてもしゃあないですね。

でも、去年よりはちょい減ったかなぁ?という感じはします。
あと変化形として、
「クリック音を変わったものに変えてみる」という手法もありました。
堅い感じの音じゃなく、
柔らか系?「ぷにっ」とか。
これは割とありです、
ですが、これも標準化するとウザクなるので止めていただきたい(笑)

後、個人的に思うんですが
ウザイ検索誘導するくらいなら
新たなTVCMの形として番組内に
「QRコード」を表示するってのどうでしょ?
あらかじめ番組の最初と最後に表示すると決めておけば
携帯カメラも用意できるでしょうし。
レコーダーのCMスキップも回避できるので一石二鳥です。
あと提供表示の横に検索ワード表示するとかね
色々できますわな。
・・・まぁネット嫌いの私としては
一切ネット誘導しないで欲しいんですけどね(笑)
頭の正常な方は誘導なんかされなくても、
企業名で検索して飛んできます。

興味があればね。



4位・ネクソン「ネットゲームのCM」


ネットゲーム
↑そろそろネットの「無料」というものに疑問をぶちこまないと、これからもどんどん文化が安くつまらないものになっていくことでしょう。

ネットゲームのCMはどれも不快感があります。
どれも共通してるのは
無料、無料、無料
アホの如く無料のゴリ押し


いるんだろうなぁ「無料のゲーム」で暇つぶしする奴
「有料のゲーム」だったら・・・
まだ本当にゲームが好きなんだろうなという気もしますが。
「無料」ってなぁ・・・(笑)
私はそういう人がよくわからないんですよ。
子供ならまだ分かる気もするんですが
大人となってくると、「他にすることねえのか」とツッコミたくなる。

で、ネクソンである。
私がおかしいなと思うのは
メイプルストーリーのCMだ。

メイプルストーリー
↑家に帰ってきてがっくりきたところ。

ファーストフード店で働く女の子が
メイプルストーリーやりたさに仕事を抜け出し
家に帰るものの、兄弟と思われる人物に既に先をこされていたという内容である。
さて、ここでネクソンという会社は何を伝えたいのだろうか?

まさにあのCMから伝わってくるのはこれだ。


バイトをサボってまでやりに帰る程おもしろい。」


なんか変だ
これじゃまるで
ネットゲームに「依存性の問題」がないかのようではないか(笑)

見方によっては、中毒性があることを自ら開き直っているとも捉えられる。
いずれにせよ、
「バイトやるくらいならネットゲームやれよ」と言っていることには
変わりないのだから、
かなり「傲慢な態度」を持った企業だということがわかる。
ユーザーにニート化を望んでいることを開き直っているのだから。
少なくとも昔は「ゲームは1日1時間」とか
ちゃんとゲーム会社側からアピールしてたんだけどね。
今や・・・このあからさまな態度ですよ?

安心キッズサポート
↑2008年、年末から既にやっているそうです。だからといってネットゲームを子供にやらせるのは全くお勧めできません。

公式サイトを見てみると
お、安心キッズサポートなるものが・・・
なになに?
プレイ時間を制限できる機能があるらしい
なんだ・・・これをCMに出せばいいものを何でださないのだろう?
ますます意味がわからない。
しかも上限すごいな・・・23時間45分!!てなぁ・・・くくく(笑)

*

そして年始あたりに出てきた
「アトランティカ」のCM。

アトランティカ
↑「w」の連発は本当に不快です、なんでよりによってこれなんだろうね。

ニコ動の左から右へコメントが流れる効果を利用したCMである。
コメントの内容は別に不快なものではないが、
モロにニコ動を連想させるので
著作権的にも2ちゃんねる的な意味でかなり不快である。
こんなもん2ちゃん信者しか需要ないっつーの(笑)
まぁ「ニコ動の技術」を好意的に見ているという
ネクソンの企業観がモロに見えて、
「ゴミ企業」だということがわかったのでよしとするか。
やはり不快なCMを作る企業は同じく不快なものと結びつくんだねぇ。

音楽監修がレッドカーペットの「こまつ」ってのもそれで
私はこの「こまつ」が嫌いでしょうがなかったのだ。
なんで笑いの場で演奏して「笑い」も起きてないのに
「笑いの評価」が下るのか
よくわからんのよね。
そういう駄目な要素が寄り集まったCMといえるでしょう。



3位・ソフトバンク「ソフトバンク携帯」(SMAP編)


ソフトバンクとSMAP
↑これはソフトバンクショップで機種変更編、いわゆる孫さん発言編(笑)

実は「AUの仲間由紀恵編」も嫌いだったので、
このCMがなかったら
それが入っていたかも知れない。
そう、AUのCMがなんとも思わなくなるくらい・・・このCMはイラっとくる。
内容は・・・SMAPが出てくるだけなのだが
問題はその演出、編集の仕方かもしれない。
色んなパターンがあった。
1・ロコモーションの音楽をバックに登場するだけ。
2・イスに座って、CMの内容について内輪話的に語る。
3・店に行って機種変更をしている
4・車に載って会話
5・ロコモーションを口ずさむ

どれもイラっとくる(笑)
それがなんなのか私は自分でよくわからない。

SMAPの「内輪話的な演出」が寒いのかもしれないし、
直接ソフトバンクの売りを宣伝しないところなのかもしれない。

「孫さん、剣道強いんだぜ?」(剣道かどうかは不確か)という控えめなようでかなりイヤらしい
社長イメージをSMAPに言わせてるところもかなり寒い。
これでかなりキムタクのイメージが悪化した

まぁどうでもいんだけどさ。

*

いずれにせよSMAPという王道のタレントイメージをモロに利用しようとする
その保守的な態度
がイラっとくる。
いや別に私は保守的な考えを支持してるつもりだから
保守でいいわけだ、
しかし問題は・・・

これが「ネットの無秩序」を推進している、
IT企業
がやっているのだから
情けなくなってくるねぇ・・・プロ野球もそうだったし。

まさにライブドアが続いているという感じだ。
既に人気を獲得しているタレントイメージを利用する・・・
全然クリエイティブじゃない。

ヤラセ感が強いとはいえボーカロイドとかパフュームとか
オタクコンテンツを作っているバカ共のほうがまだクリエティブだよなぁ。

まあもう真に新しい作風なんかないんだろうけど、
作る姿勢は見せてくれないとさ。
いつまでたってもこのブログで応援したくなるようなIT企業は出てこないだろうなぁ。
姿勢の問題ですよ、結果じゃないわけですよ。
結局「物語」なんでね。

保守的な手法を用いるのなら
「ネットの無秩序」に取り組んで欲しいものですが、
そういうことをするわけでもないからね(笑)

「S-1」とかくだらないの作ってるだけ
あれじゃ「M-1」の1000万円を一億にしてあげたら?と言いたくもなる。
賞金の額が異常、成金企業と思われてもなんとも思わないのだろうね。
年間トップには1億円だって(笑)
マジキモイんですけど。

利用できるどころを利用してるだけ、
その都度保守だったり進歩だったり
非常に都合のよい進歩主義なのだ。



2位・ファーストリテイリング「ユニクロ」


ユニクロ1
↑服がバァーっと突然流れ出てきて、多国籍の方々が服を選ぶ・・・。

どうもオシャレすぎるというか
まるで高級ブランドのCM、
映画、音楽のPV的とも言える
そういう「お高い」イメージをつけようと必死なところ
本当に寒い
見る度もうブルブルくる。
もうエベレスト山頂付近でブリザードくらったくらい寒い。

いや別にさ、
本当に高級なブランドとかさぁ
独創的なインディーズブランドだったらいいと思うよ。

でもさぁ・・・
安くてそこそこの品じゃない?
・・・それはやりすぎだわ(笑)

ユニクロ2
↑これまた多国籍の方々が踊ってます。

しかも「国際的な感覚」を前面に打ち出してきているのが
これまた寒い。
多めに外国人起用、英語押しで
「アメリカの価値観」をなぞっているだけという感じ。

海外進出したらしいけどさ、
ここは日本だからさ
日本語でわかりやすくアピールしたほうが
まだかわいげあると思うんだけどなぁ。
いくらCMで「かけ離れたイメージ」を押しつけようたって
それは通用しないわ(笑)

まだ「GAP」のCMのほうがダサさが出てて、
自分らの身の程をわかってるような気がする。

*

私は興味ないので見たことないですが、
メディアにもよく登場しているらしいので
もしかすると皆さんはこの会社に「良いイメージ」を持っているかもしれない。

安くてそこそこ良い品、しかもCMでブランドイメージを高くしているから
買いやすい!「そこ」だけ見たら確かにいいのかもしれない。

しかし、この会社、
「日本の技術」を中国に売り渡して
安い服を作っているだけ
の話、
売国企業と言っても過言ではないのだ。

しかもほとんどの国内スタッフをアルバイトで済まして
雇用環境にも貢献しないくせに
・・・そのアルバイトに徹底した「マニュアル主義」を押しつけ
レジのやり方まで監視するという・・・
まさに「アメリカニズム」そのもののような会社だ。
このタイプの店員は必ず「いらっしゃいませ」の後に「こんにちわ」をつける、
いつも行くたびちょっと笑ってしまう。

ユニクロ3
↑音楽バージョン、ポニョの歌い手さんも登場、しかし結局は「中国で縫ってます」とは堂々とCMで主張しないんだよねやっぱり。

実は今の不況は、アメリカの金融危機が最も大きな要素ではありますが
こういう「アメリカ的な企業」が
全て中小・個人のおいしいところを吸い取って
巨大な利益を得ているという現実
・・・を
把握していないと大変な間違いを犯してしまうことになります。

「景気回復!」と思っているなら、
まず叩かないきゃいけないのは
ユニクロのような企業なのであって、
メディアがニュースでさりげなく煽るように
「デフレだ、安いのにそこそこいい!」と言って買っている場合ではないのです。

メディアでは良い部分しか紹介されないので、騙されないように。
どこの駅降りても、コンビニ、ファーストフード、ツタヤ、ユニクロ、100円ショップというのはもう勘弁して欲しいわ。
文化的にも全くおもろない。
くたばれユニクロ!、くたばれアメリカ!という感じです。



2位・アップル「iphone,ipod,ipodtouch」


iphone.jpg
↑手元だけ映されても・・・ウザさが強調されるだけで・・・

もうひとつ2位です。
手元だけ映すあれである。
あれがかっこいいとか思ってるんでしょうね(笑)
ウザイですね(笑)
うちのブログでも結構こういう検索が来る
「iphone、ナレーション ウザイ」という検索ワードである。

確かに・・・このナレーションの声はキモイ!私もこのCMが出てくる度、ミュートにするか
チャンネル変えるかしてました。(実話)
それくらい嫌だったのです。(笑)

結構ネットで検索すると「不評の声」が目立つのだが
アップルというワンマン企業にはその声は届いていないようである。
相変わらず、同じナレーションを起用していた。
「愚民主主義企業」の匂いがぷんぷんする。

しかも日本で放送してるCMなのに
これまた「アメリカ向けでそのまま通用するような作り」になっているのが
うわ~ついにアメリカ色のゴリ押しかよ・・・という感じ。

つまりもう日本的に訴える必要もない
「洋楽、かっこいいでしょ?」という価値観に訴えている。

いや別に、基本洋楽でもいいんですよ
でも一曲くらい日本の曲をテーマソングにしてみるとかね
そんくらいしたらどうなんだろう?と思うだけですわ。

もうね・・・キツイんですよ、
いらないんですよアメリカの価値観は(笑)

もともと違法DL始まる前から洋楽不況始まってたしね。

そういう意味ではSonyウォークマンの「歌え十代」というのは気持ちよかった
フレーズそのものは恥ずかしいけど。

そんなことを言いながらも、
今、私はipodとitunesを使ってたりします。

だけどこのCM流してる限りは、
次ぎにアップル製品を買うことは・・・まあないでしょう。

*

iphoneも便利ばっかのごり押しね、
いらんっつーの。
私は、メールと電話機能だけありゃいいわ。
というか携帯自体なくなってくれても・・・全く困らないんでよろしく(笑)
これ以上便利になって何があんのかね?
産まれて死ぬまで寝たきりで生活でもさせたいのかこいつらは。

ipodtouch.jpg
↑これも手元だけ・・・きっとやっている人の顔がおもしろくなさそうにしているからなのかもしれない(笑)

ipodtouchときたら、もう売りの部分があまりないんで
ゲームを前面に押し出してきちゃってさぁ
売れませんよそんなの(笑)
DS、PSPだけでもやるの多すぎなのに加えて
携帯も溢れるほど無料ゲームで埋もれているのに
何故ゲームやりたいからといって
いかにも操作性悪そうなipod買う奴がどこにいるんだろうねぇ。
とにかくアメリカ的価値観のゴリ押しと手元イメージこれのウザさに尽きる。
くたばれアップル!

*

そして・・・・・・お待ちかね?

ネットの暗部を考えるブログ

イラつくCM大賞第1位・・・

つまり汚点中の汚点・・・

大賞受賞は・・・・・・

はこちら!!








1位・Docomo 「HT-03A」


HT-03A.jpg
↑グーグルは白がイメージカラーという感じがするが、偶然これも白っぽい。しかしやっていることはグレー(笑)

感じがiphoneのCMに似ている。
業界の評価がそこそこあるのに
私がおもしろいと全く思わない芸人
「劇団ひとり」がやっているCMだ。

声の感じがiphoneのナレーションとちょっと似てる
中性的でちょっと間抜けな感じなので余計イラっとくる。
なんだあれか
近代主義の人間達は皆
こういう声になっていくのかな(笑)

しかもフレーズが
「携帯するグーグル」と来た日にはもう
殺意がピークに(笑)

「Docomo系の携帯CM」では
ちょいちょい画面にグーグルが出てきたのだが
台詞にまでグーグルを押してきたのはこれが初。

携帯するグーグル(笑)
携帯したくないっつーの!
お払いして成仏して欲しいくらいなんですけど・・・

でもこんなんでも「アホの方々」には
グーグルに対していいイメージがついちゃったりするんだろうなぁ
docomoのCMでやってたというだけで
安心しちゃうんだろうな・・・

こうやって本来企業のやっていることと
イメージが乖離して
いくんだろうねぇ・・・
破壊的で世界を傲慢に管理して均一化しようとしている
とんでもない企業
なんだけどねぇ。

しかもこれ書いてる途中に
グーグルそのもの・・・のCMが出てきた!

グーグル
↑ストリートビューも押し通すのだねぇ・・・ユニクロもここまで居直れはしない。

見た感じ、このDocomoのCMよりだいぶましな感じです。
ただ検索してるPC画面が映し出されるシンプルなもの。
一般からプライバシー侵害と不評の「ストリートヴュー」をモロに出している
ところを見ると、
やはり強引なことがわかる(笑)
ケンカを売ってるんだ・・・

何で日本の街の風景を
アメリカの企業に管理される権利があるのだろうか・・・?

日本で国が管理してるんならまだわかりますが・・・
それでも別にこんな機能いらないでしょう・・・
(追記・これまた過剰支配のグーグルブックスが出てくるバージョンも登場・・・やれやれ
「検索する物語」がどうとか・・・
「物語破壊」しといて「物語」も糞もないだろうに・・・)


*


でも、なんだこれ
嫌な気あんまりしない・・・

なんでだろう?
今までモロにTVCMというのを利用しない傾向があった
最大手検索サービスの企業が
ついにTVCMを利用した。

お・・・?これ衰退の始まりかもしれない。
結局「TVに頼った」ってわけだから(笑)
つまり今まで無理に強引に事業拡大してきたわけだが
もう壊すもの、奪うものがなくなってきた
あるいは、守る側の姿勢も堅くなってきた現れなのかもしれない。
まぁ日本でだけの話なのかもしれませんけど。

まあせいぜいヤフーぐらいのバランス感覚で落ち着いてくれれば
いいと思いますけどね。
とりあえずまだまだ無法地帯のYoutubeはどうにかしないとねぇ・・・




実はまだ
インテルとかイオンとか西友とか語りたいCMがあるんですが
長くなるのでまたの機会に。

まぁ大変僭越なんですが、
今回受賞した企業の皆様
もしもう受賞したくない!と思っていただけたら幸いですが・・・
回避するためのアドバイスを一つさせていただきたいと思います。

それはですね・・・
ぜひ「便利」という価値観(つまり近代である)以外の価値観を模索していただきたいと
こう思っております。
そうしないと・・・・・・
いつまだ立っても・・・
上位をキープすることになるでしょう(笑)

*

はぁ・・・それにしてもイメージ戦略ってのは疲れますね。
そういう意味では現在というのは
「宣伝したもの勝ち」の世の中なのかもしれない。

いくら社会的におかしなこと、酷いことしてようが
ポップにエレガントに宣伝して別のイメージを上塗りすりゃいいという
物量作戦がものを言う世界、う~んくだらない
情報戦争とはよく言うが・・・
つまらないわまじで。

こりゃ一回アメリカを滅ぼさないとどうしようもない気がしてきた
ということで
第三次世界大戦は・・・
「アメリカ以外の全ての国VSアメリカ」ということでお願いします(笑)




「素晴らしいCM」

悪い方のランキングばかりいっているのも卑怯な感じがしてしまうので
オマケとして個人的に評判のよろしいCMもちょっとご紹介。

3位 キッコーマン「しょうゆ」

キッコーマン・しょうゆと明石家さんま
↑バックがシンプルなのもいい?

これはすごい、さんまが歌を歌っているだけなのだが
明石家さんまのいいところが凝縮されているという感じ。
映り方も若い頃の感じがすごい出ている。
相当さんまという素材を理解してないとこれは作れないだろう。
前に「引き笑い」をフューチャーした他のさんまのCMがありましたが
あれはイケてなかったなぁ。
「素材を活かす」といういいお手本のようなCM。
活かせないなら使うなと。




2位 グリコ「ポッキー」

ポッキー
↑画像が汚くて申し訳ないです、地デジキャプチャボードそろそろ買おうかなと。

笑顔が特徴の女の子を中心に人々が妙な音楽に合わして妙な踊りをしまくるというCM。
走る姿、腕を上げるタイミング、表情どれも変だがおもろい
前のオレンジレンジのVerもよかったが、いきものがかりのも最高である。
おかげでいきものがかりがちょっと好きになってしまった。
名前とか音楽的センスがいまいちと思ってたのですが
この曲はおもろい。
曲名が英語なのですが、ひらがな表記なのも良いですね。




1位 PSP「みんなのスッキリ」



任天堂
↑これは任天堂のCM。

Wii、DSのCMを見ているとうんざりとする。
まるで「健康商品」のCMのよう
有名人が体験を語ってユーザーを惹きつけようとする
そのタレントイメージを利用し過ぎるところ、
わかりやす過ぎるところが・・・
どうも鼻につく。

そういえば私は購入してませんが
ドラクエ9もSMAPとは別のバージョンで
「体験CM」やってましたね(笑)

もうなんでもやれるものはやって売ろうって魂胆がなぁ・・・
情けない・・・しかもSMAPってなぁ、すごい安全パイ、すべりようがない。
まぁ「保守的なゲーム」だからいいっていやあ
いいのかもしれないけど

・・・「体験CM」は嫌だわ。

「こいつがやってるから、やってみよう」とか
思いたくないもんなぁ別に。

映画もそうですよね?
「感動しました!」とか、
余計見に行きたくなくなるっつーの(笑)

ネットのレヴューもそう、
別に見たないねんおまえらの感想は(笑)
良いとか悪いじゃなくて、感想自体別に見たくないのよ。
何の情報もいらないんですよ、
積極的に「知りたい奴」だけに知らせたらいいじゃないですか。
何でそんな「ウザイ方法」で煽る必要があるのかなぁ。

そこまで説明しないとやらないっていうのは
もう「ゲーム自体のパワー」がなくなっている証拠でもある。

実際、売れているのは従来のタイプではなく、
健康、能力チェック、あるいはパーティゲームのものが売れているようです。

なんかそれ自体新しくて良い物のようにメディアやネットでは語られているが
これも悪しき「進化論」というか「進歩主義」信仰が蔓延してるねぇ。
私は全くそう思わない、
むしろそんなのファミコンの時代から
あったでしょうとしかいいようがない、
運動にしろ教養ゲームにしろさぁ。

Wiiリモコンだって次のゲーム機は皆、導入するんだろうし。
(特許でもあるのか?でもタッチパネルは導入するだろう。
でもだからなんだというのだ?!)

みんなのスッキリ

そういう意味では、
そういう「任天堂系のCM」をパロディ化したようなこのCMは
大変素晴らしい。

いや、実際には本当の薬品のCMをパロディ化しただけなのだが
それが露骨過ぎてあっさりしているために
まるで「任天堂CMのアンチ」として存在しているかのようなのだ。

PS系のCMは基本、あっさりしてていい、
ゲームイメージをほんやり見せるだけ
まあ従来のゲームCMですが、
ぜひ・・・この路線を維持してもらいたいものです。

まぁ中には体験系もあるんでしょうが、任天堂ほど過剰ではないですよね?

ゲームが「健康商品」に堕っしてしまってはどうしようもない。
やはり任天堂は64の時に一回死んだのだなぁということを
再確認できたとも言える。
そしてDSで生き返ったのではなく、
実はずーっと死んでるのだろう
もはやイメージ戦略と過去の大作のリメイクでしか生き残れなくなったのが
任天堂なのかもしれない。

あれ?!いつの間にか好評価するはずが他の批判に!


ネットが健全になって欲しいと思う方はリンクをお願い致します。 【 2009/11/28 00:02 】

テレビ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。